重陽の節句(菊の節句)とは?五節句の一つ

サイト内検索

日本では古来より季節の節目となる日を節句と呼び、宮廷では節会と称する宴会が開かれていました。

年間を通じて様々な節句が存在していましたが、江戸時代になると幕府が公的行事として五節句を定めます。

スポンサーリンク

それが今日に続く、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」、3月3日の「上巳(じょうし)の節句」、5月5日の「端午(たんご)の節句」、7月7日の「七夕(しちせき)の節句」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」の5つです。

森羅万象あらゆる物事を「陰」と「陽」に分類する陰陽思想では奇数は陽に分類され、一桁の数で最大の「陽」数字となる9が重なることから、9月9日は重陽と呼ばれるようになったそうです。

当初は、奇数が重なる月日は陽の気が強すぎることから不吉とされ、厄払いの行事を主として行われてきましたが、後になって、陽の重なりを吉祥とする考え方が生まれ、祝い行事が行われるようになり、五節句の締め括りとなる重陽は、最も賑わいを見せたと伝えられています。

上巳の節句を「桃の節句」、端午の節句を「菖蒲の節句」と呼ぶように、旧暦では菊の開花時期にあたるため、重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれています。

古来より延命長寿の花として知られる菊を祀る重陽では、菊の花を酒に浸した菊花酒を飲んだり、菊に降りた朝露で身体を拭って、不老長寿や繁栄を願うほか、雛人形をもう一度飾る「秋の雛」という風習などもあったそうですが、現在では、他の節句と比べ実施されることは少ないようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ