駐車スペースを探してくれるアプリ

サイト内検索

ジョージア工科大学がフォードを協力して、駐車ディバイスの開発を始めている。

駐車できる場所を探すのは時間の無駄、GPSと繋がってズバリ空きスペースを探してくれるような、そんなアプリがほしい、というある女子学生、クレア・バーグマンさんの「繰り言」がきっかけだという。

スポンサーリンク

「パーキング・スポッター」というのがそのアプリの名前、すでにGPSなどを装備している車からデータを取って作動する。

このアプリを搭載する車は空きスペースを探知、記録してほかのドライバーに知らせる。

すべてのデータをクラウドにアップロードすることで、誰のスマートフォンからもアクセスできる、とバーグマンさん。

「ナビでA点からB点へ誘導できるのだから、駐車場の空きスペースへもできるはずだ」とは、フォードの車両電動化とインフラ担当のマイク・ティンスキー氏の説明だ。

同じ研究チームが車の遠隔操縦の技術も開発中だ。

この研究でユニークなのは、ドライバーは既存の携帯電話のネットワークを介して車に信号を送るというところだ。

コントローラーはビデオゲームの樣で、ハンドルがありフットペダルもギアシフトもある。

モニターには試験車(いまはゴルフカートだが)に搭載されたカメラからの映像が映る。

このシステムはいずれシェアリング・サービスでドライバーのいない車を遠隔で位置を変えることができるようになる、いわばバーチャルな配車係を抱えることができる。

スポンサーリンク

ティンスキー氏が描いている未来の「配車」状況は、レストランに食べにいったとして、コールセンターの配車を頼んで、自分はまっすぐテーブルへ、ということだ。

研究チームはここまでのラボでの成果に満足しているようだが、これが商品化させて顧客の手に渡るまでのタイムテーブルはまだはっきりしていいないという。

ジョージア工科大学機械工学部のバート・ブラス教授は、「どこまでなにができるか、まだ分かっていない部分が多い」と語る。

「基礎的な技術が固まれば実用面がはっきしりする。そうなって初めて企業が入ってくる。そこで、ほら、こんなことができるよ、ということになる。」

(太公望)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ