「中秋の名月」の風習や食べ物とは?

サイト内検索

中秋の名月を鑑賞する風習は、中国では唐の時代に広まり、これが平安時代に伝来して、当初は貴族の間で行われるようになり、その後、武士や町民へと普及していきました。

また、月の満ち欠けによって月日を知り、農作業の目安としていた当時は、

スポンサーリンク

欠けたところの無い満月は豊穣の象徴とされ、風流韻事としてのお月見とは別に、満月の夜は供え物をして豊作を祈ったり、収穫を感謝する祭礼が行われていました。

収穫物をお月様に供える風習は、現在にも受け継がれており、秋の味覚である枝豆や栗、柿などがお月見の定番の食べ物となっています。

また、昔はこの時期獲れた里芋を供える風習があったことから、中秋の名月のことを「芋名月」と呼ぶ地方もあるそうです。

そのほかでは、月見団子も欠かせない行事食ですが、供え方には2つの説があり、平年は12個、閏年は13個並べ、その年に出た満月の数を表す方法と、十五夜に因んで下から9個、4個、2個と15個並べる供え方があります。

魔除けの力があるとされるススキと、食べ物を供えるスタイルが一般的ですが、地方によっては、他人の畑の作物やお供え物を盗んでも、お月様が持って行って下さったと解釈する、「お月見泥棒」や「団子刺し」と呼ばれる風習もあるそうです。

有名なところでは、お供えが済むと子供がすぐに取っていく、長崎県五島の一部で行われている「まんだかな」や、他人の畑でも片足を踏み込んで取るぐらいなら許される、秋田県仙北郡に伝わる「片足御免」と呼ばれる風習があります。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ