「海の日」の由来とは!今後は固定される?

サイト内検索

「海の日」は1995年(平成7年)に制定された祝日ですが、祝日化される前は「海の記念日」と呼ばれていました。

「海の記念日」は、1941年(昭和16年)、逓信大臣であった村田省蔵の提唱により制定された記念日で、日付は7月20日とされていました。

スポンサーリンク

これは、1876年(明治9年)、灯台巡視汽船に乗って東北地方へ巡幸した明治天皇が、青森から横浜へ帰船する際、荒波に揉まれながらも無事に帰着した日に由来しているそうです。

記念日の制定後も、海の仕事に従事している関係者を中心として、海洋についての理解や関心を深め、その恩恵に感謝する行事を増やす必要があると考える人が多く、また当時、7月に祝日がなかったこともあり、記念日は1995年に祝日化されます。

当初は、7月20日に固定されていましたが、2003年(平成15年)にハッピーマンデー制度が制定されると、「海の日」は、現行の7月の第3月曜日と変更されました。

これに伴い、海の日を含む1日から31日までの1か月間は「海の月間」と定められ、関係省庁や自治体、海事関係団体などが、全国各地で海に関する様々なイベントを行うようになりました。

しかし、歴史に由来する祝日を変更してしまうと、本来の趣旨が損なわれるとする人や、祝日の意義や意味が分からない子供が増えることに対し懸念する声も多くあがっています。

現在、超党派の国会議員によって構成されている「海事振興連盟」は、従来通り「海の日」を固定化する議案を国会に提出しており、祝日法が改正される向きが強まっています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

One Response to “「海の日」の由来とは!今後は固定される?”

  1. 匿名 より:

    海の日固定をきっかけにすべての祝日を元の日付に戻してもらいたいものです。ハッピーマンデーは必要ありません!

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ