11月13日うるしの日と、京都・法輪寺のうるし祭

サイト内検索

日本における漆(うるし)の歴史は古く、9000年前の遺跡から漆塗りの櫛が出土しています。

また、漆塗り工芸の中で最も華麗で、現在にも受け継がれる「蒔絵」の技法は、奈良時代に生まれ鎌倉時代頃に完成し、江戸初期に芸術的に高い物へ発展しました。

スポンサーリンク

漆技術の完成に関しては、文徳(もんとく)天皇の第一皇子にあたる惟喬(これたか)親王によるという伝説があります。

平安時代の初期、親王が法輪寺に参籠し祈願したところ、菩薩からうるしの製法、漆器の製造法を伝授されたというものです。

以来、満願の日にあたる11月13日は、漆関係者の祭日とされ、親方が職人に酒や菓子などを配り、労をねぎらう日となりました。

また、1985(昭和60)年には、日本漆工芸協会によって、11月13日は「うるしの日」に制定されています。

京都・嵐山の中腹に位置する、惟喬親王の伝説が残る虚空蔵法輪寺は、奥州・会津柳津の円蔵寺、伊勢・朝熊山(あさまやま)の金剛證寺と並び「日本三大虚空蔵」と称され、「今昔物語」や「枕草子」、「平家物語」などにもその名を見ることができます。

現在、うるし祖神の寺として信仰され、別名「うるし寺」と呼ばれ親しまれている法輪寺では、毎年11月13日に漆関係の仕事に従事している職人の技術向上と、漆業界の更なる発展を祈願する「うるし祭」が執り行われています。

この日には、全国の漆業者が法輪寺に参拝し、惟喬親王を供養するほか、祈願法要や狂言奉納などが行われます。

そのほか法輪寺では、十三詣りや針供養、重陽の節会などの伝統行事も行われているので、近隣にお住まいの方はぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ