「山の日」が制定された理由とは?

サイト内検索

2014年に国民の祝日に関する法律が改正されたことを受け、2016年より新たな祝日として8月11日の「山の日」が加わります。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という意味を持つ祝日で、当初は、山開きのシーズンと重なり、8月と同様に祝日がない、6月に設けることも検討されていたようです。

スポンサーリンク

しかし、お盆休みと重なり連休が作りやすいという理由や、漢字の「八」が山の形に似ていることから8月になりました。

お盆休みとつなげる為には12日の方が良いのでは?

と考える人も多いかと思いますが、8月12日は1985年に航機墜落事故が起こった日で、祝日とするには不適切だとする声があがり、最終的に8月11日に落ち着ついたそうです。

ところで皆さんは、世界一登山客が多い山が日本にあることをご存知でしょうか?富士山やエベレストなど、世界に名を馳せる幾多の秀峰を押しのけ、世界一の登山者数を誇っているのが、東京都八王子市にある高尾山です。

都心近郊にありながら豊かな自然を有しており、100種以上の野鳥、1300種以上の植物、5000種以上の昆虫が生息しています。

ミシュランガイドに紹介されてから一気に知名度が高まり、年間で260万人を超える人々が訪れるそうです。

日本生産性本部の「レジャー白書」によると、年間で1度以上登山をする人は国内で860万人(平成24年)とされているので、260万人という数字はかなり驚異的です。

近年、登山人口は増加傾向にあると言われています。

皆さんも「山の日」を機会に、山登りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ