「よさこい祭り」とは?高知が発祥のイベント

サイト内検索

チーム毎に趣向を凝らした演舞を繰り広げる高知の「よさこい祭り」は、100万人もの見物客が押し寄せる街を挙げての一大イベントで、徳島の「阿波踊り」、愛媛の「新居浜太鼓祭り」と並び「四国三大祭り」に数えられています。

日程は、毎年8月9日から12日までの4日間となっており、9日には、祈願祭や前夜祭のほか、

スポンサーリンク

約4,000発の花火を打ち上げる「納涼花火大会」、10・11日には、9ヶ所の競演場と7ヶ所の演舞場で祭りの本番が行われ、12日には、全国大会と表彰式、後夜祭などが催されています。

1954年(昭和29年)に、高知市の商工会議所が中心となって始められた「よさこい祭り」は、戦後の景気振興策の一環として、徳島の阿波踊りに対抗する形で開催されました。

祭りは、音響機器を搭載したトラックの後ろに踊り子が連り、鳴子を持って演舞するパレード形式で進行され、当初は、日本舞踊の振り付けをベースとした純和風の踊りのみでしたが、現在では、サンバやロック、ヒップホップ、フラメンコなどの要素も加わり、音楽や衣装、ダンスは各チーム毎に趣向を凝らしたものとなっています。

例年、参加チームは190以上、参加人数は1万9000人にもなり、その勢いは高知から全国へと広がりを見せ、1992年に札幌市で第1回「YOSAKOI ソーラン祭り」が開始されたことに端を発し、各地で「よさこい」や「YOSAKOI」の名を冠したイベントやフェスティバルが開催されるようになりました。

近年では、古くから行われている歴史あるお祭りのプログラムの1つに組み込まれることや、小学校の運動会、中学・高校の体育祭などで「よさこい」が踊られる光景を目にすることが増えています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ