11月12日は洋服記念日!明治日本の近代化

サイト内検索

裃や束帯など、公家風・武家風の和式礼装を廃止し、洋服の使用を促進するという趣旨の元、1872年(明治5年)11月12日に、「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、軍人や警官に続き文官である政府役人の礼服にも洋式が採用されました。

このことに由来して、1929年(昭和4年)に東京都洋服商工協同組合が、また、1972年(昭和47年)には全日本洋服協同組合連合会が、11月12日を「洋服記念日」に制定しています。

江戸時代の頃は洋装が敬遠される風潮が続いていましたが、1853年にペリーが来航して以来、欧米人が頻繁に日本に訪れるようになり、それまで一部の蘭学生やオランダ人と接していた人々の中で模倣されていた服装が、武士や町人に取り入れられるようになりました。

特に、西洋式の軍事訓練を受けた武士の間では、強制的に洋装が義務付けられることが多く、明治以降の軍人や警官の服装は、スムーズに洋装へ移行した感があります。

1861年に武家服装の長裃が廃止され、武士の洋装化が始まった頃から、足袋屋や仕立屋の職人などの手により洋服は作られていましたが、本格的な洋服を仕立てるようになったのは明治に入ってからです。

特に、日本初の注文服店が開業した神戸の洋服は、「神戸洋服」と言う固有名詞が生まれるほど、オーダーメイドで仕立て上げる技術が高かったようで、神戸市中央区の東遊園地には「日本近代洋服発祥の地」の石碑が建立されています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ