ユーロ危機が更に再燃する

サイト内検索

ユーロ危機が更に再燃することになります。

ユーロ危機は2000年に入ってスペイン、ギリシャ、イタリアを中心にしてユーロに通貨を変えてからまもなく国の経済が破綻に近い状態になりましたが、2015年になってギリシャのユーロ離脱等も検討されるようになり欧州債務危機が再燃されることになります。

各国の共通の通貨制度を導入する「通貨統合」ですが、ドイツのマルク、フランスのフラン等の古い通貨制度を廃止していくことでユーロが誕生しました。

ユーロ導入国は17カ国まで増えています。

現在のEU加盟国は全部で27カ国です。

もちろん、国によって経済の善し悪しに差があります。

そのためユーロの通貨制度を導入したことによって得をしている国と損をしている国に分けることも出来ます。

中でも打撃を受けているのがギリシャで失業率は10%以上です。

ヨーロッパ(EU)の中でも安定した経済を保っているのがドイツです。

日本国内でドイツ車の販売台数は2000年から2015年まで右肩上がりで、製品の安定度、信頼できるシステムを備えていて高い信頼を得ています。

ドイツ車を代表するメーカーメルセデス・ベンツやBMWはブランド力も非常に高く、世界中で高級車として信頼を得ています。

ギリシャは同国が単一通貨「ユーロ」の導入国ですので、ユーロの価格の変動についていけない状況から離脱を検討することで他のユーロの国でも様々な観点で注目されています。

2015年になって石油価格が1バレル50円から45円になりEUの低迷していた経済に拍車を掛けます。

今後のEUの動きに注目です。特に世界GDP、6位、7位に位置しているイタリア、フランス、また4位に位置するドイツ等の経済は比較的安定しています。

2011年にEUに加盟したエストニアや、他の国も今後の発展が楽しみな国もあります。

しかし多くの国の経済が安定せず行き先不透明な国も多く、ギリシャを中心にユーロ危機が更に再燃することになると欧米のエコノミストが見解しています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ