油圧ドライブ式大型洋上風力発電設備の実験

サイト内検索

浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業は巨大な電力発電機である。

浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業は東北大震災後の福島沖で実施されます。

現実性の高い油圧ドライブ式大型洋上風力発電設備には多くのメリットが存在しています。

三菱重工は以前から勧めていた油圧ドライブ式大型洋上風力発電設備の陸上実証試験を英国ハンターストンで実験しました。

海外のメディアからもかなり注目されている。

油圧ドライブトレインを持つ風力発電設備、この企画は世界初の実証実験になる。

洋上 風力発電は陸上の適地が少なくなっている欧州で注目されている。

世界初となるデジタル制御の油圧ドライブ トレインを採用しているためサイズもかなり大きく大型風力発電設備になっています。

全体の長さは167mで、ハブの高さは約110m、全体の高さは200m近くになる。

産業技術総合開発機構(NEDO)等、最大のメリットは風のエネルギーをポンプで油圧に変換することができる。

ここがポイント、更にエコな環境で、より多くのエネルギーを生成すことができるシステムなのだ。

三菱は様々なエネルギー開発を行ってきたが、福島に限ってはこの電子力が最適と考えているようだ。

ブレードの回転速度を発電機の回転速度(1000回転/分)に増速することができる。

今後のエネルギーの再利用に十分に魅力的なシステムである。

洋上風力発電設備専業会社であるMHIヴェスタスへこの新型油圧ドライブトレインを売却することも考えているようで、今後の投資を行う環境にも十分に着目してみる必要がある。

東北大震災後の福島沖で実施される予定の浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業では、油圧ドライブ式大型風力発電設備を供給し、試験的に技術を運用して行くようだ。

エネルギー再生を確実に利用していくことが出来る、またエネルギーの転換に注目できる技術でもあり多くの方にオススメの事業である。

また世界で初の試みであり、今後の活動にも世界が注目しています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ