4月20日は「郵政記念日」郵政を変遷する

サイト内検索

毎年4月20日は「郵政記念日」、そして、この日より1週間は「郵便週間」とされ、記念切手の発売や全日本切手展の開催、郵政関係者の表彰などのイベントが行われています。

「郵政記念日」は、郵便制度の始まりにちなんだ記念日であり、名称はいくつかの変遷を経て、現在へ至っています。

スポンサーリンク

日本の郵政は明治の幕開けと共に始まり、「郵便制度の父」と呼ばれる旧幕臣の前島密の尽力により形作られました。

当時民部省・大蔵省に出仕していた前島からの提案を受けた政府は、鎌倉時代より続く飛脚制度を残しつつ、イギリスの制度も取り入れた新たな郵便制度を、1871年4月20日(旧暦3月1日)より東京~大阪間で実施します。

その翌年には、地域のまとめ役だった名主の協力のもと、郵便ネットワークはほぼ全国へ拡大され、さらにその翌年には、郵便料金の一律化を成し遂げました。

1885年、内閣創設に際して交通や通信、電気などを管轄する逓信省(ていしんしょう)が発足し、それから時は流れ1934年に逓信省によって4月20日の「逓信記念日」が制定されます。

1950年に逓信省が郵政省と電気通信省に分割されると、記念事業は郵政省に引き継がれ、翌年からは「郵政記念日」と改称されますが、1959年に省名を逓信省へ戻す法案が国会に提出されると、参院の可決を待たずに元の「逓信記念日」の名称を復活させます。

結局、法案は否決され省名は郵政省のまま、記念日だけが古い名称を使うこととなり、2001年に郵政事業庁が設置されて再び「郵政記念日」と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ