税金対策で不動産保有は法人化が断然にお得

サイト内検索

税金対策で不動産保有は法人化が常識になります。

個人増税、法人減税が進む中、個人の持っている不動産を法人化することで税金が安くなり資産家の方で多くの不動産をお持ちの方におすすめすることが出来る法的な税金の解決策です。

個人の方で今後の事を考えて法人化をしていきたい方は不動産所有会社の設立が有り、不動産投資が多い方にはおすすめすることが出来る税金対策です。

今後の不動産の所有を長年に渡って考えた時に、個人の不動産から法人の不動産に切り替えた方が、断然に安い税金になります。

利用者の好きな環境で不動産を維持したい方は法人化がおすすめできます。

法人化することで、約30%から40%まで税金を抑えることが出来るようになりますので、かなりお得に節税しやすい環境が整います。

法人化することで欠損金の繰越期間が9年まで延長

不動産赤字を出してしまった時に個人の方の繰越期間は3年間ですが、法人化することで欠損金の繰越期間が9年まで延長することが出来る貯め、かなり余裕を得ることも出来ます。

弁護士のアドバイスを元に、保証協会などに加入することも出来ますので、不動産を所有する会社がそのままダイレクトに不動産を管理することも可能です。

経験が豊かな専門家で弁護士に無料相談しましょう。

不動産会社の節税対策の経験が豊かな専門家で弁護士や、宅建の免許を持っている専門家に無料相談しましょう。

また税理士に相談することで今後の不動産の税金がどのくらいかかるのかを知ることが出来るようになります。

法人化することで、役員報酬も経費になり、給与所得控除を差し引くことが出来るメリットも持っています。

国の制作で税金が値上がりしていますので節税を心がけることは当たり前の時代です。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ